OpenAL

Windows用OpenAL

素晴らしい位置オーディオを備えたオープンオーディオライブラリ

OpenAlソフトウェアは、クロスプラットフォームのオーディオAPIであるため、マルチチャンネルの3D位置オーディオのレンダリングを可能にします。 そのAPIのスタイルとAPIの規約は、OpenGLに似るように意図的に設計されています。それは2000年に始まり、NVIDIA nForce Creative TechnologyとAppleによって使用されました。

完全な説明を見ます

賛成票

  • 音の減少をシミュレートする優れた機能
  • ドップラー効果の導入が印象的
  • 位置的なサウンドを作成することに驚く

反対票

  • より優れた占有プログラムは存在します
  • 現在のバージョンはオープンソースではありません
  • これは15のオペレーティングシステムで動作しますが、より多くのシステムで使えたらよいでしょう

6

OpenAlソフトウェアは、クロスプラットフォームのオーディオAPIであるため、マルチチャンネルの3D位置オーディオのレンダリングを可能にします。 そのAPIのスタイルとAPIの規約は、OpenGLに似るように意図的に設計されています。それは2000年に始まり、NVIDIA nForce Creative TechnologyとAppleによって使用されました。

賢いオーディオソフトウェア

OpenAlの現在のバージョンは占有のものですが、以前のバージョンはオープンソースでした。 A3DやEAXのような独自のシステムを使う代わりに、OpenAlを使うことができます。これは、A3DやEAXのような3Dオーディオシステムを置き換えるために作られた3Dオーディオライブラリです。特に3Dオーディオシステムで使用する場合、サウンドを操作する上で非常に優れた高度なソフトウェアです。現在のソフトウェアは占有のものですが、コードを自分で修正したい場合は、「ソフト」バージョンと呼ばれるオープンソースバージョンを入手することができます。

結論 - 素晴らしいソフトウェア

OpenAlに関する楽しい機能の1つは、音質低下を追加できることです。たとえば、ゲームをプレイしている場合、音が一定の距離を超えて遠のいていく効果をシミュレートすることができます。このソフトウェアは、ドップラー効果を使用することによって、動きや物質密度によって音の周波数が変化を表現るにあたり、現実感出します。

OpenAL

ダウンロード

OpenAL 2.0.7.0

ユーザーレビュー

スポンサー×